凸凹ダックスコンビが行く

ミニチュアダックス 優太&まろん との日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 本日はYUTAは登場しません、あしからず。

 予告通り、ホンモノを見てきました聖家族教会。

 あと何年で完成するかがクイズになったこともあったらしい。
最近の見積もりでは数年以内とか
でも、栄光の門が造られるところには、まだアパートが建っているし、
飛行機が遅れまくったスペインのことだから怪しいものだ。
もっとも、建造しながら修復しているので、厳密には永遠に完成しない
とも言われているらしい。

スペイン-3


















 プラド美術館の絵画も良かったけど、親父的には世界遺産の印象が強烈でした。

 最初に訪れたトレドの町並みにはしばし呆然。

スペイン-5














 ガウディのモデルニスモ建築。そのアイディアと技術には驚きの連続。
また、夜景が中々のものでした。

スペイン-4




















 他にも沢山あるのですが、写真を載せきれないので省略。

 そして、忘れてはならないのが生ハム『ハモン・イベリコ・ベジョータ』

スペイン-1

スペイン-2














 真昼間のバルでつまむ生ハムにビールやワイン、最高でした。
ほとんどのバルで見られる生ハムの原木。イベリコ(黒豚)かの見分け方は
まず爪が黒いことだって。
 そーいや、YUTAの爪も真っ黒で出血が怖くて思いっきり切れない。
黒毛に黒爪、ワンコも一緒か。


 今回の旅行では、9日間YUTAを預けた。
でも、迎えに行った時にはしっぽブンブンで飛びついてきた。
まぁ、その翌日早朝から泊まりの出張だった親父には、
昨日の夜はちょっとよそよそしかったが・・・

 旅行に行くからとペットを保健所に持ち込む人がいると聞く。本当に信じられない。
帰ってきた時にそれまで一緒にいた家族がいなかったら、その穴を何で埋めるんだろう。

 ちょっと無視されるだけで、ご機嫌取りをしてしまう親父には
永遠にわからないことではあるが・・・

 だから、旅行記はこれでおしまい。次回からはYUTA登場です。 
 
スポンサーサイト
2010.09.30 22:56 | その他 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。