凸凹ダックスコンビが行く

ミニチュアダックス 優太&まろん との日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 最近、YUTAの耳毛の前の方がガチガチに固まって、ダマとなって
切れ掛かっていることがあり、

「留守番中に舐めているのか」とストレスを心配していたのだが、

 昨日、原因が発覚。なんとガム。

ガムをかじる側をくわえなおすたびに、反対側が毛にまとわりついていた。

 チャームポイントだからと
前回のトリミングで耳毛を全く触らなかったのが失敗か。

 ブラッシングではほぐれず、カッツ。今は部分的に飾り毛ナシ

 さて、どうするか

 選択肢① ガムの時もスヌードをかぶせる。

 選択肢② ガムを短くする。

 選択肢③ 耳毛をカッツ。
 

 ①は留守番させる時には無理。

 ②は経済的にもいいかも。

ということで、②にしようかと考えたが、

自分のトリマーとしての腕を確認したく、③にトライ。


yuta1011-1.jpg














yuta1011-2.jpg















 結果は、ザンバラ。左は許容範囲。右はリカバリーできず

yuta1011-6.jpg















yuta1011-5.jpg
















 ただ、原因は、親父の腕ではなく、ダマを切る時に短く切ったかーちゃんと
切れないはさみのせいだと思う。。。

 

スポンサーサイト
2009.10.12 18:24 | YUTA | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。