凸凹ダックスコンビが行く

ミニチュアダックス 優太&まろん との日々

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 房総旅行記の途中ですが、こっちを先に書きたくて・・・

 昨日の土曜日、YUTA家はKONAO's Dog & Owner Training Session
受けて来ました。

 散歩中に犬を見つけると必ず吠えかかってしまうまろん
それに参戦する優太。いわゆるギャン吠え兄弟。
高齢の優太にとっては体力を相当に消耗するはず。
想いは「何とかしたい。穏やかに挨拶できるようになって欲しい」

 でも、ワンsのトレーニングではなく、リンク先で強調したように、我々のための
セッションでした。

 まろんが散歩で吠えるのは『リードアグレッション』。
前方からワンコが近づいて来た時のまろんの心理は、
 「リードで繋がれていて逃げ場がない」
 「親父たちは頼りになるとは思えんし」
 「だから、ぼくがやるしかない」
と、ビビリでリーダーの器ではないのに頑張らせてしまっていた。

 正直、リードで繋がれている時にワンコが「逃げられない」と
感じてるとは思ってもいませんでした。

 リーダーとして我々が取るべき態度は、前を悠然とドミって歩くこと。
 「ビビる必要なし、逃げる必要もなし」と。
 そして、まろんが行きそうになったら、準備段階でコレクションを入れること。

 優太は典型的なドミだそうで、分離不安もドミからくるものと初めて知りました。
車をバックギアに入れた瞬間にギャン吠えだったのですが、
吠える直前にコレクション。
「車を停めるだけだから吠える必要なし」と諭す態度で。
優太だけを車に残して離れても全く吠えませんでした。
 諦めさせることによって穏やかに過ごせる。良く分かりました。

 さて、ビフォーの写真はないのですが、
アフターはこんな感じ。リードも緩んだ状態で後ろを歩いているまろん。
表情も緩んでいるように見えるのはバカ飼い主のうぬぼれか・・・

ym20150502-6.jpg

 ワンコとのすれ違いも、半分くらいはコレクションなしで
通り過ぎれるようになりました。もちろん、吠えることは皆無。
ym20150502-3.jpg
ym20150502-2.jpg

 3頭引きにも挑戦したかーちゃん。
ちょっとドミり不足で、KONAO先生の愛犬のポンポンが抵抗気味です(^-^;)
ym20150502-1.jpg

 何回も通うのにちょっと遠いからと躊躇してましたが、受けて良かった。
いや、もっと早く受ければ良かった。
セッションの最中に『』が浮かぶことは全くなし。
できていないところもズバッと言ってくれる。そして、質問にも即答。
これはトレーニングに自信を持っているからできること。
ym20150502-7.jpg
 KONAO先生、ポンポン、ありがとうございました。

「まろん君や優太君がぶれた時は、飼い主さんの意識が緩んだ時ですから」を
忘れないように、優太やまろんが穏やかに過ごせるようドミります。 

 セッションの後は、こちらでランチ。プリンで有名なお店とか。
本店のみ食事メニューがあり、テラス席のみワンコOKです。

 写真では大きさが分かり難いですが、ヒラマサのカマはめちゃでかかった。
トレーニング後の充実感もあり、ペロリと平らげました。美味かった。
お店の写真を撮り忘れたので、車を停めた第2駐車場の看板で。
マーロウ 秋谷本店

ym20150502-8.jpg

 チェックで立ち上がった時もコレクションで吠えず。
ym20150502-9.jpg

 GW後半、経験値を積むぞ・・・

 
スポンサーサイト
2015.05.03 17:46 | 優太&まろん | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。